皆さま、いつもPTA活動へのご協力を頂き、有難うございます。

今年度、PTA本部会計(後期)を務めさせて頂いております大谷です。

前期は越野さんに担当していただきました。

今期は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、相次ぐ行事の中止や縮小で児童の学校生活も様相がガラリと変わりました。そして保護者様も例年とはちがった過ごし方をされたことと思います。

例年は奉仕活動、運動会、ドレミファンタジーと行事にともなうPTA活動をこなすうちに、あれよあれよと一年過ぎるところ、今年はどうすれば児童によいのか、どのようにすれば児童たちの思い出にのこる学校生活をすごしてもらえるか、PTAの皆様に納得していただける活動ができるか、という議論に明け暮れた一年でした。

コロナ禍の中なので、なかなか対面での話し合いも難しかったですし、お酒の力を借りて(?)の腹を割って話す機会もなく、極めて健全かつ健康な役員活動でした。

コロナ禍による大幅な行事変更に伴い、PTAの今年度予算執行も大幅な変更となっております。

もっと違った活動の方法があったのかもしれないと、一年を振り返っておりますが、すべてが異例づくしのこの状況をよく乗り切っていると自己満足でいっぱいです。

 この場をお借りして、各委員をお勤めくださった役員の皆様、混乱の中各種活動本当にお疲れさまでした。この混乱のなか一緒に活動させていただきました本部の皆様(特に越野さん!)、校長先生、教頭先生をはじめとする先生方、ありがとうございました。そしてなによりPTA活動を支えてくださっていらっしゃいます、会員の皆さまありがとうございました。

  本部会計としてのPTA活動も残すところあともう少し、頑張ります!!